Photo 特定非営利活動法人 国際教育推進プロジェクト BeCOM
BeCOMの毎日の活動の様子をお伝えしています♪



Stage1では小学5年〜中学1年まで、市内外から15名が参加されました。

重ねた練習が実り、優秀な発表をされた入賞者の皆さんはもちろんのこと、全ての
参加者のみなさんが、それぞれの成長、経験を積んだことが貴重であることを
皆さんが信じ、これからも色々な経験を、失敗を怖がらず重ねてほしいなと願って
おります。
実際、「次またがんばろう」と思えるお子さんがたくさんいることに安心します。
今年は、練習を甘くみてしまい思ったような発表ができなかったある初挑戦の小学生が、
発表の後、「来年はちゃんと練習をしてまた挑戦する」と指導者の方に伝えたそうです。
また、3年連続して挑戦している中学1年生は、一昨年より去年、去年より今年、と
上達していることが目に見える発表でした。
そしてまた、東総地区中学校のスピーチ大会でペアでの発表をした後、COM杯での
個人発表に向けて新しいスピーチを1から練習し、素晴らしい発表をされた中学生が
複数名いらっしゃいました。
出場者皆さんそれぞれの時間を重ね、舞台に立たれたこと改めて拍手を送ります。



参考>
【対 象】小学5年生〜中学1年生
【部 門】英語暗唱の部?
?課題文:英語を母国語としない小学校5・6年生対象(審査対象外)
 「銚子市紹介英文」又は「Morning Relay(朝のリレー/谷川俊太郎)」※約1分
?自由文:英語を母国語としない小学校5年生〜中学1年生対象/制限時間1分30秒
【審査員】
小川戸 周太 氏(銚子市国際交流協会 理事長/2018COM杯実行委員会 会長)
Ms. Rhian Yoshikawa(市内英会話教室 主宰)
林 俊彦 氏(千葉県立東金高等学校/2018COM杯実行委員会) 
大木 啓嗣 氏(社団法人銚子青年会議所2019年度理事長)

| COM杯 英語・日本語スピーチ大会 | BeCOM | 10:40 AM | comments (0) | trackback (0) |











http://be-com.jp/tb.php/390


<<次の記事 前の記事>>


▼記事検索
▼カテゴリー
高校生あしたの銚子PJ

事務局通信

COM杯 英語・日本語スピーチ大会

日本語暗唱教室/大会

すきくる×犬吠WAON

PRコンテンツ作成事業

みんなでハグしよう!プロジェクト

Meet Meal Project

過去のページ
▼新着記事
▼アーカイブ
▼プロフィール
▼コメント
▼モバイル
モバイル
▼その他