わたしたちの本棚 2023年10月

雨の日曜日。「わたしたちの本棚」に加えたい”雨”にちなんだ物語を探してみました。

▶ 『言の葉の庭』(角川文庫) 著者:新海 誠

劇場アニメーション『言の葉の庭』を、監督自らが小説化したもの。 描写の美しさへの評価がとても高い作品です。

物語の季節は初夏なので、今日の雨とは想像する景色の色合いは異なります。

それでも、「”雨”が好きになった」「”雨”が降るとふっと思い出す」と書いている人が多かったこと、効果的に短歌が登場することもおススメしたいポイントになりました。

▶絵本『おじさんの傘』(講談社) 作・絵:佐野 洋子

雨=傘の連想から。定番中の定番、佐野洋子さんの名作を「わたしたちの本棚」に♬

主人公のおじさんは、黒くて立派な傘を持っています。でも決してそれをさすことはありません。 だって、ぬれちゃったら大変ですから!

ユーモアあふれるこのものがたりを繰り返し読んでもらった!読んであげた!という思い出は、雨の日のやさしい記憶になっていくかもしれません。

\NEWS! U-18 短歌募集/

「心を表す言葉と出会う」と題し、18才以下を対象に、「愛、LOVE」をテーマとした短歌を募集します。 なんと!12月17日、COMCUP英語・日本語スピーチ大会にて、全応募作品の中から10首を佐佐木定綱氏が選評してくださることになりました!

詳しくはこちらから♪

\2023COMCUP参加者も募集中です!/

オンライン開催▶英語ショートスピーチ動画部門

会場開催▶英語または日本語による暗唱部門・スピーチ部門

詳しくはこちらから♪

\ことばの冒険の部屋 10月28日 参加者募集/

詳しくはこちらから♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

one + 2 =