ことばの冒険の部屋 2024.3.23 本の発表

ことばの冒険の部屋 2024年3月の様子♪

2024年3月23日(土)9:30~11:00 銚子市民センター 第一会議室にて

参加者:子ども4名とそれぞれの保護者の皆様

今年度最後の「ことばの冒険の部屋」となりました。

テーマ \世界に1冊の本を作ろう/ 今日は、作った本の発表です!

(1)本の発表

子どもたちが作った本を、お友だちや家族の前で、それぞれが読み聞かせ♪

読み聞かせもしっかりでき、聞く側も興味深く聞ける、楽しい時間でした。

また、それぞれへの質問タイムでは、1年生の女の子が全員に色々な質問をしていました。

Q.どうして作品を変えたのですか?

A.最初は探偵の話を書き始めたけれど、長くて難しかったので。

Q.ほかの色の風船のお話も考えましたか?

A.はい、紫です。ヒヤシンスとか。

Q.たくさん頭を使いましたか?

A.はい、使いました。

質問されたことで初めてみんなも聞けるエピソードや広がる話題がありました。

質問してくれてありがとうございました♪

おともだちとのやさしい雰囲気のお話や、好きなアニメの世界を想像したもの、空想の変化が楽しいお話や、詩的なものまで、個性あふれる作品をご紹介します。

(2)読み聞かせ/田辺

 『とおせんぼ』村上しいこ作/たごもりのりこ絵

 ことばの冒険の部屋、最後に田辺先生の読み聞かせのプレゼントです。

”読み聞かせの仕方に、正しいとか間違いとかはないので、ぜひたくさん読んであげてください。”

ことばの冒険では長谷川がよくこのようにお話しています。

ただ田辺先生の読み聞かせは、本の良さを引き出し、聞き手をお話の世界へ連れて行ってくれる、

最終回にぴったりの特別な時間になりました。

(3)詩のプレゼント/長谷川

4名それぞれに異なる詩を添えて、本の完成と、みなさんがことばの冒険者であることを称えました。

詩は工藤直子さんの『のはらうた』シリーズです。こちらの詩集もぜひ手にとってみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

one × one =