5/18 田辺先生、銚子幼稚園で『りんちゃんとモンシロチョウ』

『りんちゃんとモンシロチョウ~Rin and the Butterfly~』の制作にも携わっていただき、イベントやYouTubeでの読み聞かせなどもしていただいております田辺真佐子先生から、幼稚園での「読み聞かせ」のご報告をいただきました。

2023年5月18日(木)認定こども園 銚子幼稚園にて/田辺真佐子

5月18日、子どもたちの想像力や思考力を育むため、かつて私自身が勤務していた認定こども園、銚子幼稚園へ、『りんちゃんとモンシロチョウ』の「読み聞かせ」に行って来ました。

この絵本は銚子にあるおばあちゃんの家に、一人で泊まりに来た東京に住むりんちゃんが、地元特産の春キャベツをとおしてモンシロチョウと出会う物語です。

私がこの物語と出合った時に、銚子幼稚園の教育方針の中の「生命尊重」生き物を大切にしましょう、という『徳目』にぴったりだと思いました。

この絵本には、その教えが書かれていて、子供達は真剣に聞いてくれました。

そして、読み聞かせの後にクイズを出しました。

1問目 お婆ちゃんのお家にあった黄色い買い物カゴの中には、どんなお野菜が入っていたでしょう?

2問目 穴の空いたキャベツの中には、たまごからかえった何がいたんでしょう?

3問目 このアオムシさん、キャベツをいっぱい食べて、太っちょになって、何日もキャベツの中で寝ていて、目が覚めて、何になったんでしょう?

クイズの答には、アオムシやモンシロチョウの指人形が登場し、子供達はとても喜んでくれ、それぞれの質問に答えてくれました。

今回の読み聞かせで、子供達の輝くような瞳、そして可愛い笑顔と拍手に、私自身が心から癒されました。

田辺先生、ありがとうございました。

クイズや、ひまわり手芸店さんご協力による柔らかいモンシロチョウとアオムシの指人形、田辺先生の作られる温かな世界、そして、読み聞かせに食い入り、時に歓声をあげる4~5歳児、約70名のお子さんが集う幼稚園の講堂は特別素敵な空間だったことと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2 × 5 =